聖書 あれこれ(2016.4.17)

しかし、今は、わたしをここへ売ったことを悔やんだり、責め合ったりする必要はありません。命を救うために、神がわたしをあなたたちより先にお遣わしになったのです。                           創世記45章5節
ヨセフ物語。
エジプトへ、兄弟たちに疎まれ、殺されそうになり、エジプトへ売られて、今再会の時を迎えました。死んだと思っていたヨセフとの再会です。
兄弟たちは、飢饉により困窮しています。ヨセフはエジプトの№2。立場は逆転、何でもできます。恨みを晴らそうと思えば、それも可能。誰もそれを止める者はいないのです。
しかし、ヨセフは、いま私がここにいるのはと語り出し、その理由を述べているのが標記の箇所。
今ある自分をどう考えるのか。その時に、このヨセフ物語は、示唆することが多いのではないかと思います。
兄弟たちに続いて、父ヤコブも再会を果たします。もとはと言えば、父ヤコブのヨセフへの偏愛が兄弟間の不和、嫉妬を生んだのでした。父としては、決して良い点数をつけられないと思います。
聖書は、一つの視点を私たちに示唆してくれています。ぜひ、ヨセフ物語を味わってください。創世記37章から始まりますが、創世記1章から、創世記、出エジプト記・・・旧約39巻、新約27巻へ。
父ヤコブは、もしかしたら、至らない自分を嘆いたかもしれません。あの時ああして置けばと悔やんだかもしれません。
父ヤコブは、ヨセフに再会し、喜びを得ます。これは得難い喜びで、功績を積んだとしても得られるものではありません。
「ヨセフがあなたのまぶたを閉じてくれるであろう」(創世記46章4節)は、主なる神のヤコブへの言葉です。
見開いたままではない、閉じてくれる者がいる幸い、それを味わうことができる読後感を、読み終えたときに得られることでしょう。IMG_1289 (2)

広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中