聖書 あれこれ

光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。
ヨハネ福音書1章5節
エリザベス女王が2015年のクリスマスメッセージの中で、「今年は、まさに世界が暗闇の時に直面した年でした。しかし、光は闇のなかで輝き、闇に負けることはありませんでした」と語ったニュースに接した方も多いと思います。
暗闇は、英国の、ヨーロッパの抱える深刻な問題や事件を考える時に、暗闇は現在進行形で、そして、アジアでも日本でも状況は似ていると感じている人はきっと多いでしょう。
現在世界が抱えている深刻な問題を、あるいは「今の私」が抱えている深刻な問題を絵画的な表現で抽象的に描くとするならばどうなるでしょう。
「光は暗闇の中で輝いている」は、聖書の言葉で、クリスマスに当てはめて読まれることの多い言葉でもあります。この言葉も絵画的な表現で同じように抽象的に描くとするならどうなるでしょうか。二つとも似た絵になるのではないかと思うのです。
圧倒的な闇の中で語られた言葉、一つは聖書の中の言葉で2000年前。エリザベス女王や私たちが見ている闇は2015-2016年か。
闇は変わらず依然として深く濃いのです。
漆黒に塗られたキャンバスに、一点の光が小さく輝く。その光を闇は覆い尽くせない。2000年経った今も闇は光を捉えることは出来ない。ここに希望がある、と誰かが語りかけています。この光に私たちは望みを置くのです。IMG_7275

広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中