聖書 あれこれ

行ってあなたがたのために場所を用意したら、戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる。
ヨハネ14章3節
あなたの居場所はあります。
イエス様が私たちへもたらすもの、それは居場所。それも、追い出されない場所のことです。
マリアとヨセフ、二人はイエス様誕生の地、ベツレヘムで宿とする場所を見失いました。しかし、イエス様には飼い葉桶が用意され、マリアとヨセフにも飼い葉桶を中心にした場所が与えられたのでした。
幼子を守らねばならないマリアとヨセフですが、憂いの中にいる二人を支えたのは、幼子イエス様であり、天使の言葉でありました。
ルカ福音書19章に登場するザアカイは、徴税人としての高い地位(場所)を努力の末に獲得しましたが、その地位は自分を満足させるものではありませんでした。いや、むしろ、一刻も早く脱出したかったのです。そこで、イエス様に自身を委ねたのでした。
イエス様は木に登ったザアカイに対して、「ザアカイ、急いで降りて来なさい」と語られたのです。降りた場所は、イエス様のそばの場所です。
徴税人としての場所は失いますが、それよりも心地よい場所を得たのでした。
そしてこの場所こそ、私たちが呼ばれて降り立った場所のことではないでしょうか。
言い古された表現ですが、「憂」に人を言い表す「ニンベン」がつくと「優しい」となります。憂いに「イ」で「優」です。
私たちの近くにいる最後の人は、イエス様です。その方があなたの最後を共にする方で、「あなたがたをわたしのもとに迎える」お方です。IMG_7247

広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中