聖書 あれこれ

だから、キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。
コリントの信徒への手紙二5章17節
本は売れると増刷されます。
本の中身の大幅な変更や追加などがありますと、改訂版というのが発行されます。
本を読んでいて、めったにないことですが、誤植や誤字、説明不足に気づきますと気になります。著者や出版関係者であれば、尚更のことで、直して店頭に並べたいことでしょう。
日々の生活の中で、「わたしは自分の望む善は行わず、望まない悪を行っている」(ローマ書7章19節)ことに気づかされます。
聖書は、そのことについて、それが罪であり、私たちは罪人であることを指摘します。なんとも悲しいことですが、同時に聖書は救いについても語っています。
罪からの解放、それは、キリストの贖いによる、ということです。
私たちは、罪から解放されなければならない、そういう価値ある者なのです。
私たちは、それによって、本に例えるならば、「改訂版」となるのではないのです。
もっと新しく、改訂を越えた「創造版」となるのです。まったく新しい新本、「完成」「新刊」となるのです。
コロサイ書3章14節に「愛を身に着けなさい。愛は、すべてを完成させるきずなです」とあります。
愛はイエス・キリストです。イエス様が、私たちを完成させます。
イエス様を身にまとっているからです。それでまったく新しく創造(完成)されるのです。
服、いろんな服がありますが、身も、そして心が嬉しくなる服こそ、私たちが着るべき服なのではないでしょうか。
「柔和でしとやかな気立てという朽ちないもので飾られた」(1ペトロ3章4節)服こそ、価値あるものではないでしょうか。
この服を着て、そして「闇の行いを脱ぎ捨て」(ローマ書13章12節)るのです。
私たちは、これでまっすぐに完成へと向かって歩むのです。
DSC_2169 (2)

広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中