聖書 あれこれ

マタイ福音書21章29節
すると彼は『おとうさん、参ります』と答えたが、行かなかった。(口語訳聖書)
兄は『いやです』と答えたが、後で考え直して出かけた。(新共同訳聖書)
マタイ福音書21章30節
また弟のところにきて同じように言った。彼は『いやです』と答えたが、あとから心を変えて、出かけた。(口語訳聖書)
弟のところへも行って、同じことを言うと、弟は『お父さん、承知しました』と答えたが、出かけなかった。(新共同訳聖書)
31節の「この二人のうち、どちらが父親の望みどおりにしたか」の問いには、口語訳聖書では「あとの者です」となり、新共同訳聖書では「兄の方です」となります。
聖書の原本は、今のところ見当たらないので、私たちが探すメガネとはわけが違いますが、それで、もっぱら、写本による研究が進められています。双方ともに有力な写本があるのだそうで、決定できないということのようです。
それでも研究は進められ、その成果が、この箇所で、どっちが「ぶどう園」に行ったのかが問題となったのです。兄か弟か。行くと言って行かなかったのは、行かないと言って行ったのは、どっち?
たとえですから、どちらかがぶどう園に行ったので、それでよいのです。
どっちもいかないと、ちょっと困るかもしれません。
新共同訳を読んでいますと、その前に親しんだ聖書の記憶があるので、「あれ」と思う方も多いかもしれません。
並べて読むのもいいかもしれません。どちらも聖書ですから。IMG_2931

広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中