聖書 あれこれ

あらゆる恵みの源である神、すなわち、キリスト・イエスを通してあなたがたを永遠の栄光へ招いてくださった神御自身が、しばらくの間苦しんだあなたがたを完全な者とし、強め、力づけ、揺らぐことのないようにしてくださいます。
1ペトロ5章10節
4月。
新しい歩みが始まる、あるいは新しい気持ちでと言う方もおられるでしょう。
ペトロやパウロの新しい歩みは、苦しみを伴うものでした。
第2コリント11章23節以下で、パウロが様々な苦難を受けつつ伝道したことが記されています。「死ぬような目に遭ったことも度々でした」(23節)。他の宣教を担った人々も同じでしょう。
新しい歩みは、試みること、チャレンジの連続ですが、課題を受け止めること、苦難を受け止めることも多いのです。
しかし、私たちは苦難の中にあっても、怯まず、苦難に打ち勝つ信仰を主なる神は与えて下さっています。
苦難は、「しばらくの間」のことで、決して苦難が永遠に続くと思ってしまうことはないのです。
主なる神は「しばらくの間苦しんだあなたがたを完全な者」としてくださいます。
傷ついた者は癒され、「完全な者」となるのです。主なる神に強められるのです。
「完全な者」は、「光の子」(エフェソ5章8節)です。
主の栄光を証しする揺らぐことのない者となっていくのです。
新しい歩み、私たちの経験する「艱難は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます」(2コリント4章17節)。

新嶋襄2014味のある字・・・達筆なんでしょうねえ。

 

広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中