聖書 あれこれ

悪魔の策略に対抗して立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。
エフェソ書6章11節
ローマ法王は、21日、イタリアで過去マフィアなどによる犠牲者の追悼集会で、マフィアに対して、悔い改めを語ったと伝えられています。
「今日は何の日」のサイトによると、今日、3月30日は「マフィアの日」のようです。祝う日では勿論なく、詳細は検索していただければわかりますが、1282年、この日にシチリアでフランスの支配に抵抗した蜂起がおこり、シチリア全体に広がったということです。この時の合言葉の頭文字を並べると、マフィアになるという説です。真偽は不明ですが。
聖書では、悪魔は「誘惑する者」(マタイ4章3節)や「告発する者」(黙示12章1節)として登場します。
試みられて、私たちは何を後ろ盾としているかが分かります。
エフェソ書6章14節以下、身に着ける神の武具の一覧があります。
私たちは、これをまとっているのです。
だから、「悪魔の策略に対抗して立つことができる」のです。
2013年度が終わります。新しい年度の歩みが始まります。
時間は後戻りしませんが、足踏み、後戻りも大切な「私の歩み」です。
「光の子として歩みなさい」(エフェソ5章8節)とありますが、前へ進むことだけが歩みではありません。
「いってらっしゃい」と「お帰りなさい」は、私たちに向けられた言葉です。
私たちの後ろ盾は、送り出す方でもありますが、いつでもどうゆう形でも迎えて下さる方でもあるのです。CSC_0078

広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中