聖書 あれこれ

わたしたちは、義とされた者の希望が実現することを、“霊”により、信仰に基づいて切に待ち望んでいるのです。              ガラテヤ書5章5節
通過点。
今日は明日への通過点。
「義」とは何でしょう。
罪からイエス様によって贖われ、罪からの解放、解き放たれて神様の前に立つことができる状態ということでしょうか。
関係の回復です。
「義とされた者の希望」とあります。
義となることは、目的、到達点ではないようです。天の国への通過点です。
義となって、そこに立って思うことがある、ということです。
どんな希望を抱くのでしょう。
ガラテヤ書5章22-23節に「これに対して、霊の結ぶ実は愛であり、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、柔和、節制です。これらを禁じる掟はありません」とあります。
聖霊の働きによって、私たちの思いを超えて働く力によって得ることのできる果実です。
これは、本人も、そして周りの者も得ることのできる、いわば共有の果実です。
私たちは、天の国への通過点にいます。
それはどんな時にも、「死の陰の谷を行くときも」(詩23編4節)持つことができる、聖霊が与えてくれる希望です。
私たちは、通過点にいます。それはわくわくするような、喜びの充満した天の国への通過点です。
磯浜警察2013
教会の隣の行政センターが警察署に??ロケのようです。

広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中