聖書 あれこれ

すると、ペトロは十一人と共に立って、声を張り上げ、話し始めた。「ユダヤの方々、またエルサレムに住むすべての人たち、知っていただきたいことがあります。わたしの言葉に耳を傾けてください。今は朝の九時ですから、この人たちは、あなたがたが考えているように、酒に酔っているのではありません。
使徒言行録2章14-15節
古今東西、朝に飲む習慣はないようです。
ペトロは、聖霊を受けて語りだしました。それが誰もが酔っていると思えたのでしょう。
酔っていると思った・・・
①何だか悲しそう。②怒っていそう。③嬉しそう。
酔う形態は様々でしょうが、人々が見て思ったのは、嬉しそうに語っている姿を見ての事でしょう。
ペトロが受けたのは聖霊の力、喜びを受けたのです。福音の力、イエス様の宣教による贖いとその告知です。
その知らせを告げずにはおけない、それが今のペトロです。
トマトなど、植物を育てるのによい音楽を聞かせると収穫量が増える、という実験が行われているようです。
ペトロたちはイエス様の福音の全てを見て、聴いて今があります。
この喜びは、ペトロたちを通して、教会を通して、今、私たちの所に届いています。
CSC_0460

広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中