聖書 あれこれ

円周率2013
終わりに、兄弟たち、喜びなさい。完全な者になりなさい。励まし合いなさい。思いを一つにしなさい。平和を保ちなさい。そうすれば、愛と平和の神があなたがたと共にいてくださいます。聖なる口づけによって互いに挨拶を交わしなさい。すべての聖なる者があなたがたによろしくとのことです。主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが、あなたがた一同と共にあるように。
2コリント13章11-13節
手紙は、祝福の祈りで閉じます。
喜ぶこと、完全、励ましあう、一つ、平和。
主イエスに呼ばれ、教会に集められ、そこで、喜ぶこと…完全…。
どれも一人では出来ないことです。教会の喜びは、一人では成り立たないのです。一人の喜びもあるでしょう。独占する喜びです。でも、それは求められていることではないのです。
祈りは、遡ると、イエス様の祈りにつながります。
ヨハネ福音書20章17節で弟子たちのことをイエス様は、「わたしの兄弟たち」と呼んでいます。
イエス様と兄弟。イエス様と一緒に喜ぶこと、完全な者となること、・・・。
何か出来そうで、楽しそうではないかと思うのです。
イエス様の祝福が、一人一人に与えられている、それが手紙を読んで、「さあ」と立ち上がる一人一人に注がれているのです。

広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中