聖書 あれこれ

兄弟たち、わたしたちのためにも祈ってください。テサロニケの信徒への手紙一5章25節
新約聖書の各手紙の末尾に「わたしたちのためにも祈ってください」と言う言葉があります。
祈り合うこと、それが教会の集まりです。
祈る時、名前、顔、声が浮かんできます。笑顔が浮かぶと思いますし、その笑顔がどのように変化しているのだろうか、思いめぐらすことでしょう。
私たちは、一人の方の祈りの中に覚えられています。
イエス様は、ペトロを覚えて祈っています。
ルカ福音書22章32節に「しかし、わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った」とあります。
この時のペトロは不可思議な顔をしていたことでしょう。この後ペトロは「主よ、ご一緒なら、牢に入っても死んでもよいと覚悟しております」と言っています。
ペトロは自信に溢れ、恐れなど全くないという顔だったのです。
そのペトロの顔が変化していきます。
自信が一つ一つ崩れていくのです。
しかし、最後に祈られている、贖われている、支えられていることに気付きます。イエス様の祈りがそのように向かわせたのです。
私たちにも、イエス様の祈りがあります。イエス様が、私たちの名を呼び、顔を浮かべ、何よりも笑顔を知っていて下さいます。もっともよい顔が笑顔なら、笑顔で対面するために、イエス様は、私のために祈ります。

広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中