聖書 あれこれ

あなたがたは、キリストを死者の中から復活させて栄光をお与えになった神を、キリストによって信じています。従って、あなたがたの信仰と希望とは神にかかっているのです。                                                          ペトロの手紙一1章21節

 イースター、おめでとうございます。
私たちは、神様を信じますが、神様はあまりにも大きくて、何を信じているのか、わからなくなる時があります。
一つはっきりしているのは、主なる神様は「キリストを死者の中から復活させ」たことです。死者の国から神の国へ、移動として考えるとわかりやすいかもしれません。
では、私たちはどうなるのでしょうか。
ペトロは弟子の一人ですが、どこへ行ったのでしょう。弟子の多くは殉教したと伝えられていますし、皆が永遠に生きることはできません。
するとどうなるのでしょう。
皆が死者の国へいくことになります。そこで、どうなるのでしょう。
もし、イエス様と私たちが何の関係もないなら、そこにとどまるでしょう。
しかし、イエス様は私たちに向かって、「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない」(ヨハネ14章6節)と語りました。
イエス様を通って、イエス様と一緒に、その先がある、イースターの出来事はそのことを私たちに語り続けています。

広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中