聖書 あれこれ

 あなたの御言葉が見いだされたとき、わたしはそれをむさぼり食べました。あなたの御言葉は、わたしのものとなり、わたしの心は喜び躍りました。万軍の神、主よ。わたしはあなたの御名をもって、呼ばれている者です。  エレミヤ書15章16節
 むさぼり食う。
 あまり格好の良い姿ではありません。
 それ程の空腹、渇きを経験しないからです。
 しかし、もし、そのような状況となった時には、誰もが貪るかのようになるのです。
 人間と動物の違いは、言葉にあります。
 どんな言葉を持っているのでしょう。人を生かす言葉、それとも…
 語る前に、人は言葉を持たなければなりません。
 預言者エレミヤは、主なる神の言葉を受けた時、むさぼり食べたのです。
 人は、どういう言葉を持つかによって、おのずとその道が定まってきます。
 イエス様は、私たちに、語りかけました。記憶せよです。「この人のしたことも記念として語り伝えられるだろう」(マタイ26章6-13節を参照)。またマタイ26章26節以下には、主の聖餐に関して、「一同が食事をしているとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、弟子たちに与えながら言われた。『取って食べなさい。これはわたしの体である』。また、杯を取り、感謝の祈りを唱え、彼らに渡して言われた。「皆、この杯から飲みなさい。これは、罪が赦されるように…』」。
 イエス様の言葉をむさぼるかの如くに大事にすると、おのずと道が見出されるということです。
 私たちに与えられている言葉、イエス様の言葉を噛みしめ味わい、歩んでいきましょう。

広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中