聖書 あれこれ

祈りが終わると、一同の集まっていた場所が揺れ動き、皆、聖霊に満たされて、
大胆に神の言葉を語りだした。      使徒言行録4章31節
ふと、何を語ったのか、考えます。
あの人なら、この人なら、と考えます。
昔の人のことではありません。伝道は、人が大胆に語って成り立つのです。
ですから、あの人もこの人も、そして私も語るのです。それが信仰に導くのです。
「語りだした」とありますが、聞こえる声ばかりではありません。
1ペトロ3章1節に「無言の行い」とあります。声に出さなくても、
無言の語りかけというのもあるのです。
ふと、あの人は、きっとこういうことを語ったに違いない、
という無言の声が聞こえてくる気がします。
そう思って、あたりを見回すと、人はよく話しかけているのです。
何を語ろうかと考えますが、出エジプト記4章12節に「さあ、行くがよい。
このわたしがあなたの口と共にあって、あなたが語るべきことを教えよう」とあります。
モーセは、この約束のもとにエジプトに生き、大胆に語りました。
私たちにも、語る言葉、無言の言葉、与えられています。
証しを見ることもできます。
聴くことを大事にしたいと思います。

カワセミって、パソコンで最大限に伸ばして・・・
横着しないで近寄らないと。

広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中