聖書 あれこれ

そこで、ほかの弟子たちが、「わたしたちは主を見た」と言うと、トマスは言った。「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。」 ヨハネ福音書20章25節
弟子の一人、トマスは、「疑い深い」というレッテルが張られています。
トマスは、イエス様が現れた時、その場におりませんでした。それは、偶々なのか、それとも、わざわざそのタイミングで現れたのか、誰もわかりません。
きっと、トマスもそのことで悩んだに違いありません。
疑いは、心を閉ざし、見えなくします。
きっと、何度も、私たちも似た体験をしているに違いありません。
そのトマスを目指して、イエス様は来られて、「信じない者ではなく、信じる者になりなさい」(27節)と語られます。
我に返る、そのためにはきっかけが必要です。トマスには、イエス様の声でした。私たちには、何があるでしょう。
もちろん、イエス様の声です。それが必ず、私たちの目を覚まさせます。

広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中