お墓について

「文藝春秋」(2011年1月号)に加賀乙彦の「妻の死」という特別寄稿の記事があります。
その中で、カトリックの葬儀をした妻の遺骨をお寺に埋葬しようとしたところ、信仰を理由に拒絶され、結局、墓石と埋葬されている親族の遺骨ごと、金沢のお寺に、その寺は受け入れてくれたとのことで、埋葬したとの記述がありました。
著者は、最初のお寺の対応を批判はしておらず、むしろ理解をしておりますが、こういうことを時々聞きますが、雑誌に、実名で登場したのは稀有なことで、いささかな議論を呼ぶかもしれません。
まだ発売中なので、関心のある方はお読みくださればと思います。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中