聖書あれこれ

  あなたがたは地の塩である。

                マタイ福音書 513

 塩の力。

 お汁粉に塩を少々入れますが、まさか一つかみということではないでしょう。

 引き立てる・際立たせる働きと台無しにする力を塩は持っています。

 保存する力もあるでしょうが、入れすぎれば、やはり意味をなさないということもあるのでしょう。

 私たちには思った以上の大きな力が与えられています。それは上からの憐れみによる力です。

 それをどのように生かすかが問われています。

 パウロは、テモテにあてた書簡の中で、「絶え間のない言い争い」(2モテ65節)

 を辞めるようにと勧告していますが、議論は真理の道を行く一つの方法ですが、度が過ぎますと、

 言い争いにしか聞こえないということにもなるのです。

 加減が大事なのでしょう。

 しかし、私たちには、思いもよらない力があります。

 この力を「何をするにしても、すべて神の栄光を現すためにしなさい」(1コリント1031節)

 というように用いなければならないのでしょう。

 

 

 大桟橋に停泊中の「ナッチャンワールド」

 

広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中