聖書 あれこれ

 しかし、主に愛されている兄弟たち、あなたがたのことについて、わたしたちはいつも神に感謝せずにはいられません。
 なぜなら、あなたがたを聖なる者とする““霊””の力と、真理に対するあなたがたの信仰とによって、
 神はあなたがたを、救われるべき者の初穂としてお選びになったからです。         Ⅱテサロニケ2章13節
 
 新しい年が始まりました。
 新しい年、といっても、全く新しいというわけではなくて、2009年の次です。
 2010年は、その延長にあるのです。
 もし、2009年にボタンの掛け間違いのようなことをしたとしますと、その間違いを引き継いでいくことになります。
 人の基準は、継続です。「故に」、「だから」、「そして」の世界です。
 主なる神様の基準は、私たちに、「だから」を適用されません。
 良いことを積み上げた、「だから」祝福するのではありません。
 ただ、「お選びになった」ことによるのです。
 私たちには、「しかし」が適用されます。
 何の功績もないけれども、「しかし」なのです。
 ここに、私たちの信仰の根拠があります。
 私たちは、主なる神様の「しかし」によって、生きやすくなっているのです。
 
  
広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中