聖書 あれれ

 さて、あなたがたは、キリストと共に復活させられたのですから、上にあるものを求めなさい。
 そこでは、キリストが神の右の座に着いておられます。          コロサイ31
 洋服は着ることはできますが、ヨロイは人で着ることができません。カミシモなども駄目です。
 キリスト教の面白いところは、肝心なところで、一人で何も出来ないのだ、ということにあります。
 ある場面で、キモノを着せてもらう時のように、ただ立っているだけ、というわけです。
 いつのまにか、私たちは「キリストと共に復活させられた」状況へと移されています。
 どんなに感受性の豊かな人も、そうでない人も、どんなに全てのことに賢い人も、そうでない人も、
 性格が穏やかで誰からも好かれる人も、全く誰がみても性格の悪さに閉口するであろう人も、皆同じです。
 皆、イエス様の復活の恩恵に、その人の功績によらないで、与る者となっています。
 だから、私たちは、少し驚いたように、着せられた服にふさわしい場所に歩みを進めていくのです。
 めったに着ることのない立派な服を着ますと、手を洗った後、服で拭くわけにはいきません。
 それなりの行動がおのずとすることになるでしょう。
 しばらくは、着せられた服に負けていますが、しばらくしますと、その服に似合った行動が出来るようになるでしょう。
 私たちは、イエス・キリストに購われた人です。
 性格はいろいろですが、その一人一人の先頭にイエス様がいてくださいます。
いわば、あなたの守護はイエス様なのです。そのことを心にとめつつ、行きましょう。

 

 

広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中