聖書 あれれ カレーの隠し味

  隠れているもので、あらわにならないものはなく、秘められたもので、人に知られず、公にならないものはない。ルカ福音書8章17節
 
 カレーの隠し味について、話題になっているようです。
 何入れます?
 りんご、ハチミツ、チョコレート、ソース、味噌、醤油、トマトケチャップ、コーヒー、ヨーグルト、ジャム、豆板醤、大蒜、生姜・・・・。
 あげればきりがないようです。
 全部入れたらどうなるのでしょう。
 恐ろしいような気がします。
 
 あなたは、隠し味のような存在ね、言われたらどうしましょう。
 自分が、カレーの中にチョコレートが入っても気づく人なら、うれしいしょう。
 でも、何が入っているか、もともとカレーのように味の濃いものに「隠し味」程度のものを入れて、気づくのでしょうか。
 そんなことを考えている人は、言われてもあまりうれしくはないでしょうね。
 
 隠し味程度でも、味を台無しにする食材というのもあるでしょうか?
 隠し味の食材というよりは、料理そのものの包み込む包容力でしょうね。
 私たちはどんな料理の中で、どんな活かされ方をするのでしょうか。
 それよりも、今作り出そうとしている料理の中で、それは「隠し味」を活かす料理でしょうか。
 隠し味はいらない、そういう料理でしょうか。 
 
 
 
広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中