聖書あれこれ

 生きているのは、もはやわたしではありません。
 キリストがわたしの内に生きておられるのです。
 わたしが今、肉において生きているのは、わたしを愛し、わたしのために身を献げられた神の子に対する信仰によるものです。
                                                                  ガラテヤ書 2章20節
 信仰生活とは何か、例えとしていろいろあると思いますが、安心しきった世界に生きるということのように思えます。
 幼子が母の膝にあるような、安心した場所に生きる、それを可能にしたのが、十字架上のイエス様です。
 イエス様は、ブラジルのリオデジャネイロの丘にある巨大なキリスト像のように、両手を広げ、すべての人を招いておられるのです。
 すべての人が飛び込んでくるまで、朝も夜もイエス様の手はひろげたままです。
 十字架上の上で両手を開いている姿、ここで生きよと招いているのです。すべてを購い、赦す、救いの姿です。
 ルカ福音書13章6―9節に「実のならないイチジクの木のたとえ」があります。
 主人は園丁に「もう三年もの間、このいちじくの木に実を探しに来ているのに、見つけたためしがない。
 だから切り倒せ」と命じます。その時、園丁は「御主人様、今年もこのままにしておいてください。
 木の周りを掘って、肥やしをやってみます。そうすれば、来年は実がなるかもしれません。もしそれでもだめなら、切り倒してください」。
 ここに私たちを生かすキリストがおられます。
 私たちは、このイエス様の命を内にもっているのです。
 
 
広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中