聖書 あれれ

 支配者と共に食卓に着いたなら
 何に直面しているのかをよく理解せよ。旧約・箴言23章1節
 
 誰かに招かれて食事をする、招いた方は、何を考えているのでしょう。
 招かれた方も何も考えないということはないでしょう。
 時代劇では、悪代官と悪徳商人の食卓では、何がこの先起こるのでしょう。
 イエス様が、弟子たちを集めて、最後の食事、最後の晩餐です。
 イエス様は支配者です。
 どういう支配者か。マタイ福音書20章25-26節で「そこで、イエスは彼らを呼び寄せて言われた、
 「あなたがたの知っているとおり、異邦人の支配者たちはその民を治め、また偉い人たちは、その民の上に権力をふるっている。
 しかし、あなたがたの間では、そうであってはならない。あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり」とあります。
 イエス様は、私たちに仕える方として、私たちの前におられます。
 教会の礼拝堂中央に、どこの教会にも聖餐のテーブルがおかれています。
 教会に集う者は、誰でも、この聖餐のテーブルに直面しています。
 それは、私たちにイエス様が仕える形で、十字架と復活の出来事に私たちは直面しているということをあらわしているのです。
 
 今日は、風が強いのですが、ようやく咲き出しました。
 
 

 
広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中