聖書 あれこれ

 
 我々は主を知ろう。
 主を知ることを追い求めよう。
 主は曙の光のように必ず現れ
 降り注ぐ雨のように
 大地を潤す春雨のように
 我々を訪れてくださる。旧約・ホセア書6章3節
 
 寒さが身にしみる時、ただ春を待つ日々が続きます。
 春は、日の光のように、私たちを温めてくれます。
 枯れた地は、春の雨で、潤いを得ます。
 どちらも、自分の力では得ることのできないものです。
 春を待つ。
 必ず春が来るという約束を信じて待つのです。
 やがて春は、「曙の光のように」現れます。
 闇を切り裂き、憂いを取り去るように・・・
 うれしいことが一つ。
 光が現れる前、様々な形で知恵が先に与えられるということです。
 知恵とともに待つ。
 だから待つことができるのです。
 イエス・キリストが共に歩むということは、待つ勇気が与えられるということでもあるのです。  
 
 
広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中