蜘蛛は苦手・・・

 
 
  蜘蛛は苦手です。
 写真を撮るのもオートでは撮りにくいし、ピントがどうしても後ろにあってしまう。
 ちょっと、高級機でしか扱えない。被写体としては、難しい対象です。
 聖書には、旧約聖書・ヨブ記 8章14節に「頼みの綱は断ち切られる。よりどころはくもの巣のようなもの」とあります。
 また、イザヤ書59章6節に「くもの糸は着物にならず、その織物で身を覆うことはできない」とあります。
 ということで、あまり頼りにならない、役に立たないという印象を強めるのに用いられています。
 蜘蛛にとっては迷惑な話です。
 ただ蜘蛛の糸の研究は進められており、うまくいくと軽くて丈夫な防弾チョッキが生まれるかも・・・
 ほかにも応用すれば用途はあるだろう。
 要するに、人間の知恵が追いつかないのに、今、判断して決め付けてしまうのですね。
 だから役に立たないというのです。
 あの人は蜘蛛のようだ、きっと後すこしでほめ言葉になるに違いありません。
 一応、蜘蛛が写っているのです。
    DSCN1501 DSCN1509
 
広告
カテゴリー: 日々の出来事 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中