今週の聖書

あるいは、神の憐れみがあなたを悔い改めに導くことも知らないで、その豊かな慈愛と寛容と忍耐とを軽んじるのですか。ローマ24

 

聖書は、悔い改めを勧める個所が、旧約・新約、たくさんあります。

例えば、マタイ417節に「イエスは、『悔い改めよ。天の国は近づいた』と言って、宣べ伝え始められた」とあります。イエス様の宣教とは、悔い改めをせまるものでした。

ところで、私たちの、あの人の、悔い改めるべき事柄はたくさんあるように思えます。

人間関係ですと、親子、友友、師弟、人人、の関係同士でお互いに迫っています。自分が正しいと信じると、人のことが気になるのです。

しかし、あまりに一方的で独りよがりな迫り方ですと、もうやめたと逃げ出すかもしれません。逃げ出して、孤島に行ったとしても、島の生物が、あなたはここの住民ではない、と迫ってくるかもしれません。悔い改めて、住むべき場所に住めという具合です。

空を飛べといわれると、全く不可能なこととしか思えませんが、悔い改めることについては、誰しもしなければならないことはわかっているのではないでしょうか。誰も、今自分の歩みを変えたいと思っています。

正論で迫られても、大いなる怒りで迫られても、なかなか動けません。しかし、「神の憐れみがあなたを悔い改めに導く」と言われますと、もしかしたらと思います。

信仰とは、この「もしかしたら」を確信を持って信じることです。自分の力ではどうにもなりません。しかし、神の力によって、神の慈愛の中で、新しく始まることを信じること、ここにあります。

自分を信じること、それは案外と難しいのですが、ここにこっそりと神の力が働くと、可能となるのです。

  DSCN1317 DSCN1320

広告
カテゴリー: 聖書 あれこれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中